協同運輸株式会社|関東全域の輸送・保管・倉庫業務はおまかせください。

運輸安全マネジメント
線
平成26年度版
協同運輸株式会社は、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全従業員が
一丸となって取り組んでまいります。
基本スローガン:安全はすべてに優先する
1.輸送の安全に関する基本的な方針
  • (1)代表取締役は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、
    社内において輸送安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
    また、事業所における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現業部門の
    状況を十分に踏まえつつ、従業員に対して輸送の安全の確保が最も
    重要であるという意識を徹底させます。
  • (2)会社は、輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善」PDCAを
    実施し、安全対策を不断に見直すことにより、従業員が一丸となって業務を
    遂行するほか、絶えず輸送の安全の向上に努めて参ります。
    また、輸送の安全に関する情報について積極的に公表いたします。
2.輸送の安全に関する目標
当社は今年度、重大加害事故ゼロをめざしています。
  • (1)人身事故目標件数 = ゼロ  (昨年度0件)
  • (2)物損事故目標件数 = ゼロ  (昨年度0件)
3.輸送の安全に係る処分の公表
  • ・当該処分の内容
    平成25年度、行政処分に該当する事項はありませんでした。
  • ・講じた処置
    なし
  • ・講じようとする処置
    なし
4.重大事故報告
平成25年度において報告すべき重大事故はありませんでした。
5.安全管理体制図
当社では下図の管理体制で輸送の安全に取り組みます。
安全管理体制図
6.輸送の安全に関する重点施策等
重点施策として「交差点における事故撲滅」に取り組んでまいります。
また、以下の事項を遂行してまいります。
  • (1)ドライブレコーダーの有効活用
  • (2)エコドライブの推進
  • (3)運転マナーの向上
7.輸送の安全に関する計画
4月 事故防止安全会議 (高齢者の特性等)
5月 春の交通安全運動の実施項目の徹底/NASVA適性診断の受診
6月 事故防止安全会議 (交差点事故を防ぐ等)
7月 エコドライブ指導強化月間(グリーンエコプロジェクト)
8月 事故防止安全会議 (夏休みの子供を守る等)
9月 秋の交通安全運動の実施項目の徹底
10月 ドライブレコーダー映像によるヒヤリハット会議
10月〜3月 セーフティドライバーコンテストへの参加
11月 事故防止安全会議 (緊急時の対処等)
12月 年末年始輸送安全総点検
1月 事故防止安全研修(運転マナーの向上について)
2月 点検整備の講習
3月 トラック協会実施 運転者講習会への参加 
8.輸送の安全に関する予算等の実績額
平成25年度の輸送の安全に係る費用は以下のとおりです。
  • (1)安全に係る教育・研修費として 約 100千円
    事故防止安全会議費、運転者講習費等
  • (2)安全機器導入費として 約 120千円
    アルコールチェッカーの購入、ドライブレコーダーの付け替え等
  • (3)その他 約 50千円
    啓蒙資料等
9.事故、災害時に関する報告連絡体制
当社では、下記のとおり事故、災害時の連絡をとり、
報告対応を図っております。
事故、災害時に関する報告連絡体制